振袖を着て行こう、18歳成人式

2018年03月16日
9B0482C2-7129-480F-8326-B56216DAC1F2

140年続いた「20歳の成人」が、18歳に引き下がることが閣議決定されました。
早ければ平成22年から施行されます。
着物業界や、スーツ業界の中では大変気掛かりな事ですが、
なによりもご本人、そしてご両親方が1番不安に感じてる事だと思います。
なにしろ、1月は入試シーズン真っ只中。
まだ進路が決まっていない状態の方も多いはずです。
お祝いムードに気持ちがなれば良いのですが、なかなか切り替えが難しいようにも思います。
それと、まだ高校在学中の方も多くなります。今まで成人式は、同窓会としての役割も担っていたので、
出席率が低くなるのではないかと、ニュースでも騒がれています。
と、ネガティブな事ばかり想像してしまいますが、
物事、新しくなるときは必ず不安が付き物だと思います。
蓋を開けてみれば、案外良い事もたくさんあるかもしれません。
それを願うと同時に、なによりも、皆様が着物離れせずに、
成人の日を、華やかなお振袖で飾ってもらいたいと                 切に願っております。

 

鎌倉 きもの蔵人みやもと  半田賢祐